前へ
次へ

家族の負担が少ないお葬式の出し方

親類やお世話になった人が多くても、お葬式はそれぞれの事情に合わせて行うことが可能な現代では、さまざま

more

利用する葬儀会社を予め決めておく人が増えている

身内が亡くなったら葬式をあげてしっかりと弔う必要がありますが、多くの人は何をすれば良いのか分からない

more

出来るだけ費用を抑えて見送る方法

昔は葬儀というと近所の人にも手伝ってもらうなど、かなり大掛かりになることが多かったです。
人手

more

親族の方が葬式の際に気を付けておきたいこと

親族の方が葬式の際に気を付けておきたいことがあります。
それは、親族の方は参列者の方に失礼のない様にする事がマナーとしてあります。
参列者の方へのあいさつだけでなく、一般の方へのお礼、それから遺族の方への悲しみの気持ちを伝えることがあります。
それから遺族の方へ、お花や盛り篭などを送るのもマナーとして大切なことを知っておきましょう。
一般的には、お花は一対でするのが一番ですが、一対にして贈ると、どうしても2万円から3万円ていどの費用がかかります。
そのため、一同で贈ることが無理なく気持ちを伝えることが出来て便利です。
また、どうしても葬式に参列をする事ができない場合には、親族であっても電報などのお悔やみを弔電などで伝えることが大切になります。
また、葬式の後日でも良いのでお悔やみを伝えに遺族宅に行くことがマナーとしてあることを知っておくと万が一の時に役立ちます。
それから香典を送ることも忘れずにしておくことです。

中学生の春・夏・冬休みの短期留学や語学留学海外プログラム

保育園・幼稚園・小学校などのイベントなら - キッズイベントアドバイザー

中小企業様にHP制作のご案内
まだウェブサイトを持っていない企業様のために私たちが使いやすいHPをお作りします

Page Top