前へ
次へ

葬式のスタイルが多様化しています

その昔の葬式スタイルは宗教によって制限があるように感じましたが、現在ではとても縛りも薄くなり多様化しているように感じます。
仏教、キリスト教、神教が日本国内の葬式のスタイルにおいて圧倒的なシェアを占めていました。
けれど最近では宗派にとらわれないスタイルの葬式が多くなっています。
その代表格が自然葬です。
住んでいる居住区によって認可が得られない場合もありますが、故人の遺骨を川や海に帰すスタイルです。
このスタイルは生前に故人が指定することが多くなっています。
宗教にとらわれない点、残された家族の負担が少ない点などからとても人気が高くなっています。
故人の思い出の地に遺骨を帰すことが多くなっています。
自然回帰スタイルの中で特に人気が高い葬式のスタイルが樹木葬です。
寺などが運営している森林に遺骨を埋めるスタイルです。
シンボルツリーなどを一緒に植樹することも出来るので残された家族にとっても評判の良い葬式スタイルとなっています。

Page Top