前へ
次へ

葬儀のあり方をいまいちど度考えよう

葬儀は突然訪れるもの。
病院から紹介された葬儀社の言うままに高い金額を払ってはいないでしょうか。
高い金額を払っているうちに、これは適正価格なのだろうか。
はたまた、こんな大金を払ってまで葬儀をする必要があるのだろうかと疑問に感じてしまう人も多いでしょう。
最近では、「家族葬」の様に承認数で行う葬儀や、「直葬」と呼ばれる葬儀を行わない葬送の形や、「1日葬」と呼ばれる簡略化された葬儀の形を選ぶ人も増えています。
これは、社会の構造の変化や、人によって付き合い方が異なっているため、亡くなる人の年齢層が高くなるに従って、知人が減少しているためとも言われています。
もともと、葬儀の意味は、一言で言えば、知人や親族などが亡くなられた人としっかりとお別れするための行事。
大切な儀式ですので、安易に簡素化したり、形式ばかりに気をとられることはありません。
自分にとって意味のある葬儀にすることが大切です。
自分のために葬儀はどの様な意味にあるのかをしっかりと考えて、葬儀社などに相談しましょう。

Page Top