前へ
次へ

出来るだけ費用を抑えて見送る方法

昔は葬儀というと近所の人にも手伝ってもらうなど、かなり大掛かりになることが多かったです。
人手が足りないということもあり、たくさんの人に手伝ってもらうことも当たり前でした。
しかし今は家族葬など出来るだけ少人数で見送ると言う形式が増加をしています。
そのほうがコストを抑えることも出来ますし、周りに迷惑をかけることもありません。
コストを抑えるということは、故人本人の希望という遺族もいます。
確かに亡くなった後にお金を使うというのはもったいないですし、あまり多くの人に参列をしてもらいたくはない、と考えるのは一般的な考えとなってきています。
家族葬ではないと故人と直接面識がない人も参列をするということになってしまい、義理も関係してきます。
ですから故人と直接的な面識がない人には参列を断るということも考えておくとよいでしょう。
そうすることによって香典返しなどコストを抑えることも出来るようになるので、低予算で執り行なうことができます。

Page Top